読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

札幌のフリープログラマーで手取り350万。その生活費の内訳は?

札幌一人暮らし社会人の生活費の内訳

札幌市内で一人暮らしをしているフリーのプログラーです。年収は大体450万で、手取りにすると350万くらいになります。

 

今回は私の生活費の内訳を分析します。

 

f:id:finds:20170207161906j:plain

 

  • 家賃 6万円


1LDKで6万円の賃貸マンションに住んでいます。以前は結婚しても大丈夫なようにと2LDKに住んでいましたが、なかなか相手が見つかる気配が無いので1LDKに落としました。

 

2LDK時代の無駄な家賃を貯蓄していれば…と後悔しています。

 

一日中家で仕事をするフリーランスなので住環境はわりと大事なので住民の質が良さそうな物件を選びました。学生街などに住めばもっと安く家賃を押さえられますが毎晩隣でどんちゃん騒ぎされるリスクを避けています。

 

 

  • 駐車場 1万円


札幌の土地代は東京大阪に比べれば安いので駐車場代も一般的には数千円であるのですが、うちのマンションは冬期に雪を溶かすロードヒーティング代がかかってしまうのでそれなりに高いです。

 

同じぐらいの地価の福岡などであれば4000円もかからないかなという駐車場なのですがね。屋外ではなく1階の屋根付き駐車場であればもう少し安くなると思います。とにかく豪雪地帯なので冬の雪の問題が大きいです。

 

  • 光熱費 平均1.2万円

 

水道代金は他の地域と変わらないでしょうがガスがプロパンなので高いです。札幌はそれなりの都市規模にも関わらず都市ガス物件が異常に少なく、割高なプロパン契約せざるをえないマンションだらけです。

 

しかも冬期の暖房をガスでまかなうために余計に光熱費が高くなりがち。電気代も2011年大震災以降の北海道電力は全国的に見ても高すぎます。

 

そのぶん夏の冷房費が無いのでまあ光熱費は全国平均といったところでしょうか。夏は窓をたくさん開けておけば昼間でも扇風機をたまにつけるぐらいで大丈夫です。

 

  • 食費 5万円(食事 4万)


独身男ですがこまめに自炊頑張って食費を押さえつつも栄養バランスに気をつけています。野菜を多めに食べるので少し高くなりがちですが将来に備えて仕方ないですね。そのぶん外食やコンビニ弁当・総菜を同年代の独身男に比べるとあまり食べないと思います。

 

 

  • 酒 1万


毎晩ビールは欠かせません。加えてウイスキーや焼酎などのリカー類をたまに飲みます。この酒代はあくまで自宅での酒代であって外食は含みません。

 

  • 車維持費 4万円


車はリースです。プリウスに乗っています。プリウスの辛いところはとにかく冬。わだちにつかまるとすぐ動けなくなりますし、車格も大きいために運転の下手な自分はスリップしやすく怖いです。

 

スキーによく行くのでもっと小さくてしっかりとした4WDに変えようかなと思っていますがとりあえずリースがあと1年残っているのでこのままで。

 

  • 通信費(スマホ、ネット代) 2万円
  • スマホ・携帯 0.3万円

 

スマホはあまり使わないので格安simで安く押さえています。たまに200円で済む月も。それプラスガラケーを音声通信やキャリアメール用に契約しています。スマホとガラケー合わせてだいたい月平均3000円程度です。

 

  • ネット 1.7万円

仕事柄、家にちゃんとしたネット回線を2つ引く必要があるので少し高めです。これは生活費というより仕事にかかる費用と言った方がいいかもしれませんね。

 

  • 趣味 交遊費 外食 3万円

スキーや飲み代など。あまり人付き合いをしないために交遊費はかかりません。たまに外で一人で飲む外食費もここに入れています。

 

  • 仕送り 3万円

実家への仕送り費です。

 

  • 勉強、書籍代 0.5万円

会社員では無いので自分の能力を維持・向上させるための勉強をそれなりにやっているのですが、一番大事なのは書籍費でしょうか。プログラミング等に必要な技術は今ではインターネットでもそれなりに得られるのですがやはり紙の書籍にかなう勉強効率はありません。

 

  • 家電など大きな買い物 月平均1.5万円

インドア派なのでテレビなどの家電には少しお金を使っています。音楽も好きでスピーカーやヘッドホンなども定期的に購入。だいたい月平均はこのぐらい使っていますね。

f:id:finds:20170207162232j:plain

 

フリーランスの生活はサラリーマンとは大違い

サラリーマンではないので売上が落ちた時の生活は悲惨です。所持していた高級時計を売ったりして糊口をしのぐこともありました。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化したことすらもあります。この辺の辛さは恐らくサラリーマンの方にはわからないと思います。

 

しかしそのぶん仕事が順調だとドカンと一発入ってきて身の丈に合わない豪遊をすることもできるのでプラスマイナスはとんとんでしょうか。

 

まあ総じて収入があまり安定しないので固定費をあまり高くしないように心がけています。以前は家賃10万円を超えていたのですが一気に売上が落ちてしまうと家賃も払えなくなりますから。

 

また、いざという時にカードローンにも頼れるように限度枠は少し多めにキープしたりもしていますね。

 

給与所得者と違いなかなか社会的に信用されにくくクレジットローン系は通りづらいですから、一度付き合いができたクレジット会社は大事にして限度枠を増やすようにしています。ちなみに車のローンも通りづらいですね。リースなら通りやすいので5年近くリースで乗り換えています。