読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

月収20万程度でマンションに一人暮らしをている女性の生活費の内訳

20代のころ東京の山手線沿いで一人暮らしをしていました。
そのころの平均月収は約20万円ほどとなっており、ここから家賃と光熱費と食費、交際費、雑費などと言う項目に分けて生活費の内訳を計算してみると、地域により家賃は大幅に違ってくる事もあるのであまり参考にならないこもですが、私の住んでいたマンションの家賃の平均は約6万5千円。


やはり20代女性の場合、若いですしきちんとしたセキュリティーがついているマンションでないと、親から一人暮らしを許してもらえなかったため、今思えば割かし高めだったと思います。


そのおかげで家賃でおよそ給料の3分の1が引かれていきます。
光熱費に関しては毎月約1万円くらいでした。
やはり働いていると家にいる時間が少なくなりますので、電気代などが抑えられたのだと思います。


私はプロパンガスで、毎月ガス代が4000円ほど。
水道代は3000円。
電気代は4000円くらいでした。
食費に関しては、毎月2万5千円くらいが妥当だと思います。

 

f:id:finds:20160310101855j:plain


一人暮らしの場合自炊するほうが高くつくと言われたりしますが、そんなことはありません。


一ヶ月間だけコンビニやスーパーでお弁当やお惣菜を買って、実際自炊するのとではどちらが安くすむのか試しましたが、自炊しなかった時のほうが5千円ほど食費が高くなってしまいました。


交際費や雑費は1万円。
これは自分のお小遣いが毎月1万円という感覚で利用するような形をとっていました。
ですがやはり友達や彼氏などと遊びに行くと1万円くらい1日でなくなってしまいます。


せっかく遊んでいるのに金額を気にしながらでは楽しむものも楽しめません。
ここは残る金額と相談しながら出していくしかないと思います。
服などの日用品は月に1万から2万円ほど。


私は職場が私服出勤だったため、服が要りようでした。
社会人のマナーとして、高い服じゃなくてもきちんとした服装で出勤するためとはいえ、結構大きな出費だったと思います。


また、現在では必要不可欠な通信費、携帯電話や家のインターネットの料金は毎月1万5千円ほどかかりました。
ですがスマホは高いとわかっていますが、仕事でも利用するので仕方がありません。
これを全部計算すると毎月の出費は15万円くらいになり、残りは貯金、予想外の出費の時のために取っておくこと基本です。