読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

東京から札幌に単身赴任で転勤!社会人の生活費の内訳はどう変わる?

札幌一人暮らし社会人の生活費の内訳

私は20代前半の頃、仕事の都合で札幌に転勤になり単身赴任。そこで一人暮らしをしていた事があるのですがその時のお話をさせていただきます。

 

まず札幌という風土について、これは満点で文句なしです。食べ物も美味しいですし交通の便も悪くありません。
この事から非常に住みやすい街だなと私は感じました。


次に生活に関してですが、札幌は大都市です。物価や賃貸にかかる負担は大きいと懸念される方もいるでしょうが、意外な事にこれが非常にリーズナブル。
生活費の内訳としては、賃貸料はワンルーム平均で3万円弱と安いです。

 

f:id:finds:20160308081159j:plain


1K、1DKでも平均すると4万円前後なので全国的にもかなり安く部屋が借りられます。

 

これは新しく札幌に来られる方にも、今現在札幌で活躍されている札幌の社会人のかたにとってもお財布に優しい料金ですよね。次に光熱費なんですが、こちらは少しだけ高いです。


理由としては、やはり北国なので冬季間にはガスと電気の使用量が増えるためです。かといって使わないわけにもいかないのでここは必要費ですね。


逆に夏場は非常に涼しいのでエアコンはなくても私は全く問題ありませんでした。扇風機で十分乗り切れます。


これらのことからも光熱費に関してはやりくりでなんとでもなりますし、節約する気がないのならどこに住んでもそれなりにかかってしまいますよね。あまり大差はありません。

 

f:id:finds:20160308081309j:plain

食べ物以外の物価は意外と東京より高いと思う

 

次に物価ですが、こちらも東京など関東に比べるとどうしても高いです。
しかし、それは札幌に限った話ではなく地方は大体そうです。


そのかわり、レストランや居酒屋など外食は比較的安いなと感じました。
会社勤めなさっている方にはとても優しいと思います。


総合的に見ると、物価や光熱費で少々工夫が必要な場面もあるでしょうが家賃など生活費の中の大きな部分を占める出費が少ないのは個人的にはとても助かりました。

 

その上、スーパーやその他生活インフラも充実していて交通の便もいいですしとても過ごしやすいところだと思いましたね。


先ほども書いた通り札幌での一人暮らしは冬場の過ごし方で大きく変わります。

 

冬場にちょっと贅沢してしまうと辛い場面も出てくるかとは思いますが、そこを除けば全体的にリーズナブルで初めての一人暮らしの方にも優しい街だと私は思います。