読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

大阪在住一人暮らし!家賃と、サークルと飲み会で生活費が消える。

大阪一人暮らし大学生の生活費の内訳

僕は大阪の大学に進学をしたんだ。
実家は北海道だったので、大阪で初めての一人暮らしを経験したのですが、その時の生活費の内訳について述べようと思う。


自分の体験談が大阪の大学生の一人暮らしの毎月の生活費の参考になれば良いかなと考え思う。


まず最初に必ず必要なのが家賃だった。当たり前だけどまとまったお金を常に持っていなければならないのはきつい。

f:id:finds:20160307080608j:plain


下宿先を探す時は、アパートやマンションなどで迷ったけどセキュリティや部屋の快適さを重視してマンションを選んだ。


ただマンションの場合はアパートよりも家賃と管理費が高かったので、毎月約6万円が必要だったな。


自分が選んだマンションは駅から離れていたけど、スーパーが近くにあった。
そのスーパーで毎日のように食品や飲料水を購入していた。
この食費等の費用は毎月、3万円弱は必要だった。

 


ただクリスマスやお盆などのイベントが多い時は、友達をマンションに呼んでご馳走をしたので、そのような月は4万円前後の出費だった

 

また、次に必要なのがサークルの会費と飲み会の代金だったよ。
これは毎月必要なわけではなかったけど、4月の新歓コンパや夏休み中や冬休み中の合宿の時には必要だった。

 

飲み会に関しては下級生の場合は先輩がおごってくれる場合があるので、そこまで大きな出費ではなかったけれど、合宿の費用が10万近くかかって、これに参加しないと何となく疎外感を感じてしまう。

 

春休みと夏休みの2回の合宿で20万以上消えるのが相当生活費の中ではきつかったおぼえがある。

 

f:id:finds:20160307081044j:plain

家賃とサークル以外の生活費の諸々


あと生活費として必要だったのが、毎月の携帯電話の代金だった。
これは毎月1万円前後は出費していたな。
あとは光熱費も必要だったよ。


具体的には電気代と水道代とガス代なんだけど、これは冬や夏によって値段が変動したよ。
例えばエアコンや電気ストーブなどの暖房の使用量が大きい冬場は、電気代の請求額が大きかったな。


逆にエアコンをあまり使わない春や秋はそこまで出費は大きくなかったよ。
水道代については、毎月数千円が必要だった。


ただ、これもお風呂の使用量によって水道代金の請求額は変動したから、一人暮らしの後半は近所の銭湯に行っていたよ。夏場は大学内に設置されてあるシャワー室を利用したよ。


これで水道代を節約することが可能となった。
あとは、大学に通学する手段としての地下鉄の定期代金が必要だった。
これも毎月数千円が必要だったよ。


ただ夏場から秋は自転車で通学していたから、これらの月は定期代金を節約できた。