読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

大阪一人暮らし大学生の生活費の内訳

大阪一人暮らし大学生の生活費の内訳

もうすぐ春の卒業入学シーズンですね。これから新たなスタートを切る方が多いと思いますが、今回は大阪の大学生の一人暮らしにフォーカスをおいていきたいと思います。
私もついこの間までは大学生でした。

 

地方出身でしたので大阪や東京といった大都会に魅力を感じていたのでそれがかなってすごくうれしかったのを覚えています。

 

しかし、問題となることもあります。それは生活費です。大阪などの都心は生活費は高めになることが多く、ただでさえお金がない大学生は苦しいと言わざるをえません。

 

f:id:finds:20160307073628j:plain

大阪一人暮らしの具体的な生活費


ここで生活費の内訳を紹介します。まず固定費として家賃、通信費、電気代などの公共料金これらを合わせて約7万くらいでした。

 

そこから食費や娯楽などの交遊費、ファッションや病気になった際の医療費などかかるものは様々あります。

 

私は遊びに行くことが多かったので食事は外食が多く月に3万円ほど使っていました。外出すると遊びに行くので大体毎月1万円かかっていました。

 

私の場合だと学費はありがたいことに両親が負担してくれたのでこの程度で済みましたが、学費も出している同級生もいたので、そのような方は学費も必要です。

 

奨学金を借りている学生も私立大学では少なくありません。大阪の大学生は一人暮らしと実家暮らしで支出する傾向は全く違いますから実家暮らしの学生のほうがお金があるという傾向が私のときはありました。

 

一人暮らしになるといろいろと今までの親からの制約がなくなるので非常に快適に思うかもしれませんが、お金がないと生活できません。

f:id:finds:20160307074218j:plain

アルバイトで生活費を賄おうとすると単位取得に響く

 

私は少しでも自身の生活を楽をするためにアルバイトをしました。ここで大学の卒業単位を落としてしまうほどアルバイトをする学生が多数いることをここでお伝えしておきます。

 

毎月に約7万円ほど稼いで生活費の足しにしました。ここで一人暮らしをすることで自立しなければということも感じられるので非常にいい経験になったと感じています。

 

地方と比較しても都心で一人暮らし、ましてや大阪となると生活費の内訳は額が大きくなることは致し方ありません。

 

今現在のことだけを考えるのではなくトータルで考えたりすることで人間としての成長も見込めます。固定費を減らそうとしてもすることは限られています。いかに節約しながら楽しく大学生活を送るか、これがポイントだと思います。"