一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

地方と違う!東京で一人暮らしをする大学生の生活費の内訳は?

東京の大学に通うため、一人暮らしをしていました。
当時と今とでは経済状況が大分違いますが、生活費の内訳はそれ程変わらないのではと思います。


ですが、東京と地方とでは大分違ってくるでしょう。
東京は物価が高く、東京の大学生は他の都市の大学生と違いお金が掛かります。

 

足りない分はアルバイトで稼ぐという面では、仕事が沢山あるので東京の大学生で良かったとは思いもしましたが、今考えてみると本末転倒なことなのだと思います。


では、当時東京の大学生だった私の生活費の内訳についてお話ししましょう。

 

f:id:finds:20160305083140j:plain

東京では安いワンルームを借りても生活費が高い


まずは、家賃です。これは親が仕送りしてくれていたのですが、さすがに家賃が高い所には住むことが出来ないので、ワンルームの安いアパートを借りていました。月4万程度ではなかったかと記憶しています。


当然、交通の便の悪い所なので、大学に通うのに苦労した記憶があります。
次に、食費です。


食費は最低限は仕送りしてもらっていましたが、それ以外はアルバイトで稼いでいました。


大体一日に掛かる食費は、700円から800円といったところでしょうか。一食あたり230円から260円といったところです。

f:id:finds:20160305083458j:plain

サークルや合コンが意外な出費になる


合コンやサークルのコンパ、ゼミの集まりなどがある時は、何食か抜いてそれらに回すか、アルバイトの数を増やすかして対応していました。


ですが、合コンはまだしも、サークルのコンパやゼミの集まりをおろそかにする訳にもいかないため、一番苦労した記憶があります。
これらの費用は、大体月4万円~5万円程度でしょうか。
当然、休みの日は、一、二食抜くのは当たり前です。
その他には、やはり着るモノでしょうか。


さすがに、いつも同じ洋服という訳にはいきません。「それでも構わない」という人は結構いましたが、「何事にも第一印象が大事」と何の根拠もなく常日頃思っていたので、洋服代にもかなり苦労させられました。


とは言っても持つべきものは友人と先輩で、よく洋服の借りたり、要らなくなった洋服を貰ったりしていました。


これにはかなり助けられた記憶があります。
ただし、下着は買う必要がありましたが。


これらのことを含めて考えれば、洋服代はそれ程掛かっていなかったかもしれません。
しょっちゅう買うものでもないので、月にならせば大体4千円~5千円といったところでしょうか。


生活費全体では月9万円くらいでしょうか。
これが、私が大学生当時、一人暮らししていた頃の、生活費の内訳です。