一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

仙台で一人暮らしをする大学生の生活費の内訳と使い道

仙台の大学に通っていたとき、市内で一人暮らしをしていました。国立大学の後期試験で合格したので、部屋探しは人より大幅に遅れてしまいました。

 

そのせいでかなり苦労しましたね。当然学校のキャンパスに近いか、家賃のお得な部屋から埋まっていきます。

 

自分が不動産屋をまわったときは割高の物件ばかりでした。結局共益費込で7万円の部屋を借りることになりました。これが後々家計を圧迫しました。

 

当時の親からの仕送りは10万程度でしたので、残り3万では生活はきつ過ぎます。なので1年次からアルバイトは必須でした。

 

f:id:finds:20160304080018j:plain

 

幸い家庭教師や塾講師など、時給のいいバイトが学内の案内所にたくさん求人があったので、なんとか生活費は工面できました。

 

だいたい月4,5万は稼いでいたと思います。家賃以外の生活費の内訳は光熱費が1万、携帯、自宅の光回線代があわせて1万ちょっと、水道が2カ月で5000円ほど、あとはNHKの受信料などを払ってました。

 

これらを引いた4万強が食費と教材費、そしてお小遣いでした。光熱費はオール電化の部屋でしたのですべて電気代です。

 

仙台の夏は短く涼しいのでクーラー代はさほどかかりませんが、冬は氷点下まで下がることもザラですので、暖房費は跳ね上がりましたね。

 

年間平均して1万円くらいでした。自宅の回線は最初ひくかどうか迷いました。スマホのテザリングでいいかと思ってたんですが、パソコンでの作業が激増したので導入しました。

 

いろいろ工夫しましたが、電気や水道、通信費は節約できませんでしたね。

f:id:finds:20160304080157j:plain

何とか食費で節約をしつつ楽しんでいました

 

どんなに努力しても削れる限界がありました。一人暮らしの大学生にとって削り放題なのが食費です。

 

削れば削るほどお小遣いが増えるので、モチベーションは高かったですね。朝食は食パンだけ、昼と夜はほとんど学食を利用しました。学食は300円くらいでも1汁2菜くらいは余裕で実現できるのでほんと助かりました。

 

栄養バランスを考えたメニューも多く、健康体で卒業できたのも学食のおかげといっても過言ではありませんね。

 

こうして浮いたお金は主に趣味のゲームや漫画などに使っていました。3,4年くらいになると徐々に飲み代が増えました。今思えばこのときしっかり貯金しておけばよかったと思いますね。