読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

東京のワンルーム2DKに住む一人暮らし社会人の生活費の内訳

東京一人暮らし社会人の生活費

私は以前東京に住んでいたことがあります。高校を卒業し、社員となり東京に上京したのですが、その時は会社の寮という名目で、とある団地の住まわせてもらっていました。

 

1万5千円は給料から引かれていましたが、それでも広さ的には2DKあり、満足でしたが一身上の都合でその会社は辞め、アルバイト生活が始まると家賃という生活費の内訳はやはりきついものがありました。

 

できる限り安い物件を探し、なんとか3万5千円のマンションを見つけました。

f:id:finds:20160221172156j:plain

 

間取り的にはワンルームマンションですが、イメージ的には和室のアパートのような、壁も薄く、隣の生活音もかなり聞こえる決していいところではありませんでした。生活費も以前より費用がかかるようになりました。

 

前の会社の場合、昼ご飯は会社の弁当があり、毎日500円という安定した出費でした。夜はできる限りやすいカップ麺で過ごし、年に100万以上貯金を貯めることができました。

 

その頃はちゃんと生活していけるかという不安感からか、極力お金を使わない生活をしたので、貯めれたのだと思います。しかしアルバイト生活になってからは、自炊にしてもうまく節約できません。

 

そこは慣れというものがありますが、やはり当たり前のように消えていく出費には歯止めがききません。それ以来は貯金はなかなか貯まりませんでした。何を抑えたとしても家賃という内訳は大きいものがあります。

 

みなさんには仕事を選ぶとき、物件を探すときは、その関係がどうにかなるという安易な考えはやめたほうがいい思います。

 

その仕事の給料に合う一番安い物件を探すか、仕事自体を報酬の高いところにするか、見極めが肝心だとおもいます。

 

貯金ができないということは、生活ができたとしても好きな物も買えませんし、将来のためにもよくないと思います。

 

わかりやすくまとめれば、家賃、光熱費、交通費、食費、それを差し引いて、少なくとも4.5万は余裕がなければ、引越しなどですべて貯金が消えてしまいます。

 

私は今でも貯めては消え、貯めては消えの生活を送っています。

 

人生は思ったより短いと思いました。これから一人暮らしの社会人を迎える方々には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。