一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

50代女性の一人暮らしの生活費の内訳を紹介します!

数年前から都内で一人暮らしを始めましたが、車もローンを組まずに購入したりと金銭的には余裕が多かったです。

 

引越しをしたタイミングでは治安の良さを重視していましたが、駅からも遠すぎなかったりと女性でも安心して暮らしやすかったです。

 

一人暮らしをする部屋を探していた時期も収入を基準に物件選びをしていましたが、予算よりも家賃の安い部屋が見つかってくれたのはちょうど良かったです。

 

f:id:finds:20160219114506j:plain

 

残業のある仕事をしている一人暮らしの社会人なので忙しかったですが、買い物なども空き時間に済ませたりと工夫していました。

 

家事も一週間まとめて行うなど無理なく行えていましたが、要領をつかんでくると大したことなかったです。

 

一ヶ月の生活費の内訳は一人暮らしをしているマンションの家賃や食費などの費用がかかっていますが、毎月きちんと管理できているので問題なかったです。

 

社会人になってからは人付き合いも多くなってくるため、外食をする機会も増えましたが、収入も安定してきたので交際費を捻出することも負担は少なかったです。

 

節約のコツも同じく一人暮らしをしている知人からアドバイスをしてもらっているので参考にできていましたが、趣味や娯楽にもお金をかけるタイプではないこともあり、

f:id:finds:20160219114643j:plain

無駄遣いはほとんどしていなかったですが、貯金も3年ほどで目標金額を達成させられたので嬉しかったです。

 

そのほかにも別に暮らしている50代の母へにも数万円ほど仕送りもしていますが、一人暮らしをスタートさせてからはシミュレーションもしていたおかげで必要経費もわかりやすかったです。

 

職場までは自動車で通勤していますが、勤務先から交通費も支給してもらえるのはありがたかったです。

 

休日は車を使わずに徒歩や自転車などの移動手段が大半であったりとガソリン代もそれほどかからなかったですが、今の収入でも十分に生活が成り立っているのは素晴らしかったです。

 

冷暖房を使う時間帯が多くなってくる夏や冬などはいつもより電気代がかかってしまうことも心配でしたが、部屋の温度を調節したりと気を付けえいたおかげでそんなに高くなかったです。

日頃からコスト削減できることを考えているので、生活費も以前よりも減ってきたのはすごかったです。