読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

手取りは24万!50代一人暮らし男性の生活費の内訳

50代一人暮らし社会人の生活費の内訳

私は50代の一人暮らしの社会人です。
自分の現在の経済事情を見なおすためにも、生活費の内訳を調べてみました。
まず毎月の収入が手取りでおよそ24万円ほどになります。


毎月5万円は貯金に入れているので、残り19万円が毎月自由に使えるお金としています。


家賃はおよそ5万円で、時折管理費や町内会費のような諸費がありますが、そこは計算に入れずに残り14万円とします。


次に医療保険や生命保険、そして車の保険など合わせて3万円ほど必要なので、残りが11万円となります。

f:id:finds:20160219113555j:plain


携帯の料金はかなり控えめに利用しているので、毎月5千円ほどで事足ります。
通話も受ける専門で、通信はwi-fiを利用しています。
ただ、自宅でインターネットを利用しているので、そちらにも5千円ほどかかっており、合わせて1万円となります。


そういった通信費を差し引き、残りが10万円です。


ガスと水道、そして電気の料金は一人暮らしなのでそんなにはかかっていません。
冷房やヒーターなども抑え気味にしているのですが、それでも確認したら合計で2万円ほどになっていて、残りが8万円です。


ガソリンは車を利用しているので、多めに計算して毎月1万円くらいの出費と考え、残りが7万円です。


食費については、仕事が忙しくてつい自炊ではなく外食を利用してしまうので、毎月3万円近くいっていたので、残り4万円になってしまいます。


ただ、この食費には付き合いでお店に行ったりする交流費も含まれているので、それを考えたらそんなものかと思ってしまいます。
更に日用品などを細々買っているので、そこに1万円ほど利用しているとして、残りが3万円となります。

f:id:finds:20160219113522j:plain


この3万円を日常生活で必要になるものに使ったり、遊びや趣味を満喫したりといったいわゆるおこづかいに使ったりしています。


こうして見なおしてみると、食費がやはり目立って無駄遣いをしているように見えるので、自炊する機会を増やして外食を減らすべきかと思いました。


突然の出費が必要になる場合もあるので、できるだけ残額は無駄遣いせずに、給料日の近くまでは節約気味にして、給料日の一週間くらい前から多めに利用したりをしていました。


毎月の貯金は若い頃から5万円としていたので、ずっと増額も減額もしていません。
一人暮らしなので割りと楽に貯金ができているのだと思います。