読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

40代から老後のことを考えて一人暮らしだけど貯金をしておく

一人暮らしというものは、案外お金のかかることです。家賃を五万円程度に安く押さえたとしても、ざっと見積もって15万円はかかるでしょう。


水道光熱費をいくら節約して生活しても、基本料金というものがかかるため、1万円はかかることになります


生活費の内訳としては、家賃5万円、水道光熱費1万円、通信費1万円、食費4万円、車代(駐車場込み)2万円。
その他、消耗品や交際費などで2万円。
これだけで簡単に15万円はかかってしまうのです。

 


一人暮らしの社会人の生活は、お金の面で本当に大変なんです。
それに、40代ともなると健康面での心配も出てきます。
当然、そのための保険料というものが毎月必要になってくるため、さらにお金がかかります。

f:id:finds:20160218213104j:plain

40代からは老後のことも考えて貯金をし始めます


40代になると、必然的に老後のことを考え始めることが増えます。
一人でこの先生活していけるのだろうか?体を壊したときには、どうやって生活していったらいいのだろうか?


そんなことを考えると、保険だけでなく、老後のための貯金もしていかなくてはいけません。
少しでも、蓄えを残していくことで安心して生活をしていけるような気がします。
と考えると、当然15万円では全く足りないことになります。
毎月の保険料を1万円に押さえたとしても、16万円。


あと20年働くとして、年間50万円貯金をしたとして20年で1000万円。
年間50万円の預金なら、月々4万2千円ほど。


ということは、毎月20万円の収入を得て初めて生活が成り立つことになるります。


一人暮らしの社会人というのは、なんて厳しいのだろう・・・そう思わざるを得ませんね(>_<)

 

40代ともなると、会社の地位的にも安定してきて少しは収入も増えてはきていますが、
付き合いなども当然増えてくるため、交際費がかなりかかってきます。


家で一人で食事をするよりは、楽しく仲間と飲みに行く時間のほうが気晴らしにもなっていいのですが、そうするとあっという間に交際費が膨れ上がってきます。


これも必要経費だ!と、割りきって。というか、楽しく使ういいお金の使い方だと思って使っているので、自分的には満足なのですが・・・・。


40代で楽しいお金ばかりは使っていられないので、しっかり蓄え、節約をしながら無駄な出費はおさえ、その上で、今の生活を満足できるように生活費の内訳を考えていく。


そんなお金を使い方をしながら40代の一人暮らしの社会人を楽しんでいけたら理想です。