読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

普通なの?手取り15万円の20代社会人の一人暮らしの生活費

20代一人暮らし社会人の生活費の内訳

私は数年前まで、ある会社で社会人として働き、一人暮らしをしていました。その体験をもとに、20代の一人暮らしの社会人の生活費の内訳について、私の体験談を紹介します。

 

まず、お仕事の1か月の給料は、だいたい手取りで15万円ほどでした。そこからまずは家賃が3万円です。地方都市に住んでいましたが、6畳の1Kで狭かったのですが、家賃はかなり安いほうだったと思います。

 

JRの駅も近かったですし、路線バスも通っていて、交通の便が良い場所でした。車は持っていなかったので、その維持費や駐車場代などはかかりませんでした。

 

しかし、当時は交通費が出ない職場に電車で通勤していたので、1か月1万円弱の定期代がかかりました。他に、食費が月に3万程度かかっていたと思います。

 

f:id:finds:20160121143401j:plain

 

仕事を覚えたてだった時期は、帰宅後にご飯を作る気力がない日も多く、そんなときはコンビニ弁当を買ったりしていました。

 

しかしそうなると、1回で1000円くらいのお金を使ってしまいます。また、はじめての一人暮らしがうれしくて、はじめのうちは特に、友達を家に呼んでしょっちゅう飲み会をしていました。

 

他にも、外に飲みに行く機会が多く、その結果なんだかんだと月に3万円くらいの食費がかかっていたのです。さらに、休日にはデートをしたり、友達と映画を見に行ったり、ときには遠出もしました。

 

私が働いていた会社はボーナスがなかったので、そういった旅行のために、毎月わずかながらも積み立てをしていました。ちなみにこういった交際費は、毎月2~3万だったと思います。

 

他に、光熱費(電気・ガス・水道)が合わせて1万円、通信費(携帯電話・PC)も1万円くらいだったと記憶しています。

 

あとは、日用品費です。基本的には、毎月買うものが決まっているので、2000~3000円くらいでした。ここまでを合計すると、15万円くらいです。

 

ということで、貯金は全くしていませんでした。それから2~3年後には、お給料も上がり、一人暮らしの浮かれた気持ちもなくなってきたので、友達が飲みに来る機会も減りました。

 

それによって、2~3万円は貯金ができるようになりました。はじめのうちは特に、お金に余裕がないことも多かったのですが、それなりに楽しく暮らしていたという思い出があります。