読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らし社会人と学生の生活費の内訳と使い道を聞いてみた!

あなたは満足?東京や大阪、名古屋などで一人暮らしをする社会人と学生の生活費の内訳と使い道を紹介!20代、30代、40代、50代に聞いてみましたよ!バイトや転職、節約生活ってこんな感じですよ!

一人暮らしの社会人に必要なお金のはなし

一人暮らしってなにかとお金がかかりますよね?
私も、期間は短いですが一人暮らしの社会人経験があります。


まず、一人暮らしを始めるにあたって一番初めにかかるお金はみなさんもご存じのとおりお部屋を借りる為のお金になります。


細かく説明をすると敷金や大家さんに支払う礼金、賃貸業者に払う仲介手数料等があります。

 

でも、敷金や礼金は払わなくても可能な敷金礼金ゼロ物件があるのでそちらの物件にすると支払わなくてOKです。

 

f:id:finds:20160205084212j:plain

 

トータル的に、家賃6か月分程用意しておけば大丈夫です。次に、引っ越し費用になります。荷物や距離によって多少異なりますが、引っ越し業者に頼むと平均3~7万くらいかかります。


最後に、生活必需品の購入費用です。もうすでに持っている家具や家電があれば、
ここの費用は一気に減りますが今は必要がなくても後々使うことになる物は、この段階で購入しておくと後で買わなくて済みます。


残るは、生活費に関してです。20代を例にして書きます。


生活費の内訳としては、食費に平均25000円、携帯電話代8000円、ネット・固定電話代7000円、交際費20000円、日用品費5000円、貯蓄10000円、家賃を7万と仮定すると、最低でも14万5000円~になります。


例えば、生活を少しでも浮かせたかったら固定電話を持たないでネットも携帯で賄えば、7000円程度浮かすことが出来ます。

 

食費も、毎日自炊にすればもっと抑えることが出来ます。生活費は、意外と抑えようと思えば案外簡単に抑えられる費用になります。

 

私も、食費を抑えたくてスーパーの割引商品とかを買って節約していました。割引商品も、あまり馬鹿にできませんよ。

 

どうせ、今日食べるんだったら消費期限が近くても全然関係ありませんよね。むしろ、早めに食べるんだったら消費期限が近くても安い方がいいんです。

 

お店も馬鹿じゃないので、期限の切れたものはありませんし。毎日節約して、浮いた分を次月に回せば少しの贅沢または貯蓄に回すことができ、生活に余裕が生まれますよ。

 

これから、一人暮らしをする方、特に一人暮らしの社会人の方、生活費はいくらでも抑えることができますので賢く生活して楽しく一人暮らしをしていきましょう!